梅田風俗に1日中居たいほど好き

 >  > 同僚の影響で風俗も好きになった

同僚の影響で風俗も好きになった

物凄い同僚が転職してきたんですよ。今までのうちの会社にはいないタイプっていうか、とにかくいろいろな部分でアグレッシブなんですよ。その同僚のおかげでいろいろと刺激を受けているんですけど、その一つが風俗なんです(笑)それまでそんなに興味がなかったんですけど、誘われて一緒に行ってきたんです。何ら悪びれる事もなく、「たまには男として刺激されないと!」とか「ちんちんはおしっこを出すだけじゃ勿体ないですよ!」とか、名言のような名言じゃないような事を恥ずかしげもなくポンポン言ってくるんですよ。そんな同僚に感化されたのか、自分も風俗を利用する事は何ら悪い事ではないって思えるようになってきたんですよね(笑)それでいろいろと利用させてもらうようになったんですけど、これがこれでなかなか楽しいんですよ。それまではどこか心の中で後ろめたい気持ちがあったんですけど、その同僚のおかげで堂々と風俗を楽しむようになれましたからね。

話の続きしたくて同じ風俗嬢を指名した

この前行ってきた風俗店に、また足を向けてしまいました。そのとき相手をしてくれた風俗嬢と、また話をしたいと思ったからです。あるイメクラの痴漢コースで相手をしてくれた嬢なんですけど、その時のプレイで抜いてもらってから、いろいろと話も弾みだしたんですが、時間が来たので仕方がなく切り上げたカタチになったからです。また同じ風俗嬢に抜いてもらいたくて、というのは今までありましたが、話をしたくてというのは初めてでしたから、不思議な感覚も覚えました。もしかしたら、イメクラ嬢の術中にはまったのかもという思いもしましたが、それもまたよしということで、イチャイチャ恋人コースでのプレイをお願いしました。話するのに夢中になってプレイが始まらない、なんてのはよくありえることですが、その嬢相手にはそんなことにもなりませんでした。嬢が気を利かせてくれたのか、プレイしながらお話しする、そういう形になりましたから。その分ムードは半減という面はありましたが、悪い気はしませんでした。全然関係ない会話しながら、素股でアソコをこすり付けられてるのも、なんだかおかしなもんですが、しっかり抜いてもらえたので不満もなしです。

[ 2016-07-20 ]

カテゴリ: 風俗体験談